バス便物件でも満足できる|耐震性を高める注文住宅とは|災害に強い住宅を建てる

耐震性を高める注文住宅とは|災害に強い住宅を建てる

家

バス便物件でも満足できる

外観

新築も中古も物件が豊富

川西市は大阪の都心部から約20キロの距離に位置するベッドタウンです。戦後からバブル期にかけて急速に開発が進み、現在も住宅地として根強い人気があります。中心市街地である川西能勢口駅の周辺こそマンションが林立していますが、中心部から少し離れると一戸建てのエリアが広がっています。特に市北部のニュータウンエリアでは、建てられてから20〜30年が経過している一戸建てが多く、中古物件の売買が盛んに行われています。一方、古い一戸建てが建ち並ぶエリアを再開発して新築を建て売り販売する動きも活発になっています。中古を検討するにしても、新築の購入を考える場合でも、川西市内であれば、幅広い選択肢から選ぶことができるでしょう。

道路の混み具合に注意

川西市内で一戸建てを購入する場合、交通の便には注意しておいた方が良いでしょう。阪急宝塚線や能勢電鉄の駅から徒歩圏内の物件であれば、通勤や通学で不便を感じることはありません。しかし、駅近くの一戸建ては価格が高いです。お手頃感を求めるのであれば、バス便物件が中心となるでしょう。バス便の物件を検討する際は、バスの便数や駅までの渋滞具合などを事前に確認しておくことをお勧めします。また、駅から少し離れると価格も下がりますから、同じ価格でも駅近の物件よりも広めの一戸建てを購入できるようになります。その分住宅スペースや庭などを広げることが出来ますから、子どもやペットがいるご家庭には嬉しいポイントとなるでしょう。