注文で家を建てるエリア|耐震性を高める注文住宅とは|災害に強い住宅を建てる

耐震性を高める注文住宅とは|災害に強い住宅を建てる

家

注文で家を建てるエリア

インテリア

注文と建売

「注文住宅」に対して、どのようなイメージを持っているかは人により異なります。自分で好きに間取りを設計して、好きな仕様で出来るという点ではかなりあこがれる部分があるのではないでしょうか。そんな注文住宅の対義語が建売住宅ということになります。すでに建売の業者が決まった間取りで、きまった仕様で建ててその物件を気に入れば買うという方式になっています。注文住宅のような自由度はないものの、業者が土地と建物のパッケージで販売するので注文住宅に比べると、だいぶ安く購入できるというメリットがあります。この注文住宅と建売住宅はそれぞれメリット、デメリットがありそれぞれに対しての需要があるので、各地域に注文住宅と建売が点在しています。

エリアによって分かれる

そんな建売住宅と注文住宅ですが、エリアによって建売が多い地域、注文が多いエリアと分かれる点は面白いところです。そんなエリアの一つの例として「湘南」があります。なんかおしゃれな感じがするエリアですが、実際にこの湘南エリアはおしゃれな人が多い地域なのです。おしゃれな人は当然、自らが住む家もおしゃれにしようとする人が多いのです。つまり家にお金をかける人が多い=注文住宅が多いエリアと言えるのです。実際に湘南エリアの特に海岸沿いに立っている家を見ると個性豊かな家をたくさん見ることが出来ます。湘南エリアは「海」が近いということもあって、家を建てる際に「塩害」対策を施すことが多いのも特徴と言え、注文住宅ではその辺りもぬかりなく行われる場合が多いです。